雅の舞

雅の舞
壱の重
味付け旨煮にして、柔らかく仕あげました。有頭海老を甘味炊きに仕あげました。塩味を抑えて調味いたしました。パリッとした歯応えが楽しめます。
鯛入り蒲鉾 紅白紀文の技術の粋をこらして丹念に仕あげました。魚本来の旨みとしなやかな食感をご賞味ください。   伊達巻紀文の技術をこらしてふんわりと軽い食感に仕あげました。   栗きんとん栗は八刀剥きのものを用い、芋は彩り鮮やかで粘りのあるさつま芋を使用。丹念に練りあげ、つやよく仕あげました。   丹波黒豆丹波黒大豆を使用。じっくり炊きあげ皮まで柔らかく仕あげました。
田作りかたくちいわしを使用し、パリッとした香ばしい口当たりに仕あげました。   紅鮭昆布巻鮭を昆布で包み、かんぴょうで巻き、柔らかく炊きあげ、食べやすい大きさにカットしました。        
いくらを紀文独自の調味で仕あげました。ごぼうと穴子で柔らかく仕あげました。
ありたどり西京味噌焼き国産鶏肉を西京味噌に漬け込み焼きました。   厚焼玉子かつお風味のだし汁で調味した卵を幾重にも焼きあげました。まろやかな風味と、軽い食感が特徴。   小肌粟漬小肌を調味酢に漬け込んで仕あげました。あざやかな黄色に染めた粟と唐辛子をトッピングしました。   紅白なます大根と人参を十分に下処理してから酢漬。味のしみ込みかよく、みずみずしさと歯応えが生きています。
酢たこ昆布エキスの入った調味酢に漬け、柔らかく仕あげました。   合鴨スモーク合鴨を薫製し独自の調味で仕あげ、食べやすくスライスしました。   錦玉子紀文の技術の粋をこらして丹念に仕あげました。きめ細かなしっとりとした口どけとまろやかな甘さをご賞味ください。    
紅ずわいかにの爪を調味液で仕あげました。
ぶり照焼ほどよく脂ののったぶりを使用し、照焼タレに漬け込み焼きあげました。   紅鮭柚庵焼紅鮭を醤油タレにゆずと共にじっくりと漬け込み、焼きあげました。   豚角煮はちみつと黒糖を使用したタレで仕あげました。   牛肉八幡巻ごぼうと牛肉で柔らかく仕あげました。
三色野菜巻ごぼう、人参、アスパラを豆腐ベースの身と油揚げで巻き、上品な味付で柔らかく仕あげました。   葉付金柑柔らかく、甘露煮に仕あげています。(種あり)   若桃甘露煮実を選別し、種核まで柔らかく甘露煮にした彩りの良い一品です。   煮しめ素材の持ち味を大切に仕あげました。

アレルギー情報はこちら

彩りよく盛り付けてお届けする「生詰めおせち」です。
お正月は、幸福を願って年神様をおもてなし

年のはじめ、それぞれの家庭に降臨するといわれる年神様。
年神様にお供えする「おせち料理」には、一つ一つに家族の幸せを願う意味があります。
吟味した素材と伝統の技で丹念に仕あげた紀文のお重詰めでよい年をお迎えください。

  おせち料理は、料理の品数の多さ、バラエティの豊富さ、お重箱を器とする華やかさなど、日本料理の中でも誠に作りがいのある料理です。おせち料理にはそれぞれいわれがあり、詰め方にも伝統的な約束ごとがあります。経験と技術を生かし、紀文が特に自信をもってお届けする紅白蒲鉾、伊達巻、錦玉子などをはじめ、一つ一つの料理にこだわって取り揃えております。
さらに、料理の味、彩りはもちろん、お重箱に詰めた時の美しさにもこだわり、素材の大きさや形、料理の量、詰めるときの向きにまで心を配っております。
元旦の食卓で紀文のおせち料理のふたを開けた時、お正月らしい華やかで晴れ晴れとした喜びを感じていただきたいと願いを込めて調製しております。
 
  紀文食品は「疑わしきは仕入れせず、製造せず、販売せず」というものづくりの哲学に基づき、「食の安全」に取り組んでいます。衛生管理の徹底したクリーンな環境で製造しております。
また、商品品質管理担当が毎日、品質検査や安全性の確認をしております。お客様が安心して商品をお召しあがりいただけるように、安全を最優先した製造管理と品質衛生管理を強化・徹底しています。
このページの先頭へ