Loading...

  • 二段重
  • 3~4人前
  • 全31品

少人数で楽しむ
本格和風おせち

伝統的な和風おせちを中心に、人気のあわびや肉料理を
盛り込みました。少人数でも満足いただける二段重です。

早割実施中

10,340円(税込)

カートに入れる

お正月に相応しい彩り豊かなお料理

新たな年を祝う慶びのひとときに、紀文のおせち料理をお召しあがりください。紀文のおせち料理は、時代とともに進化しつつも、大切な伝統と文化を守っております。食材には吟味を重ね、紀文ならではの技で仕あげたこだわりの逸品や、海山の幸を厳選し、本格和風から洋風おせちまで、お正月に相応しい彩り豊かなお料理の数々を取り揃えました。

伝統の技がなせる美しいお重詰め

料理の味、彩りはもちろん、お重箱に詰めた時の美しさにもこだわり、素材の大きさや形、料理の量、盛り付けの細部まで心を配っています。元旦の食卓で紀文のおせち料理のふたを開けた時、お正月らしい華やかで晴れ晴れとした喜びを感じていただきたい。そんな願いを込めてお届けしております。

徹底した品質管理

紀文は「疑わしきは仕入れせず、製造せず、販売せず」というものづくりの哲学に基づき、「食の安全」に取り組んでいます。紀文のおせち料理は衛生管理の徹底された環境で製造しており、日々品質管理担当者が、品質検査や安全性の確認を行い安心、安全な商品のご提供を心掛けております。

一の重

蒲鉾や伊達巻、黒豆など基本のおせちを用いた
豪華で食べ応えのあるおせちです。

お品書き

蒲鉾(紅2枚/白2枚)

紀文の技術の粋をこらして丹念に仕あげました。魚本来の旨みとしなやかな食感をご賞味ください。

伊達巻(3枚)

紀文の技術の粋をこらしてふんわりと軽い食感に仕あげました。

栗きんとん(80g 栗3粒)

彩り鮮やかで粘りのあるさつま芋を使用。丹念に練りあげ、つやよく仕あげました。

祝海老(2尾)

有頭海老をだしのきいた醤油味で煮つけました。

松風焼(2枚)

くるみ入り松風焼です。

丹波黒豆(35g)

丹波黒大豆を使用。じっくり炊きあげ皮まで柔らかく仕あげました。

田作り(10g)

かたくちいわしを使用し、パリッとした香ばしい口当たりに仕あげています。

ごまポテ(5個)

食べやすいサイズにダイスカットしたさつま芋に白黒のごまをまぶしました。

他の品目を見る閉じる

二の重

あわびやいくら、
魚料理、肉料理を詰め合わせました。

お品書き

あわび旨煮(1個)

旨煮にして、柔らかく仕あげました。

いくら醤油漬(10g)

紀文独自の調味で仕あげました。

さわら照焼(2枚)

さわらを独自の照焼たれに漬け込み焼きあげました。

合鴨スモーク(2枚)

合鴨を薫製し独自の調味で仕あげ、食べやすくスライスしました。

鶏のトマト煮(2個)

鶏肉をトマト味の調味料で煮込みました。

鶏つくね(2個)

国産鶏肉のつくねを甘辛いタレにからめました。

きんぴらごぼう肉巻 (2個)

きんぴらごぼうを合いびき肉で包み、豚肉で巻きスモークしました。

紅白なます(50g)

白くび大根と人参を十分に下処理してから酢漬。味のしみ込みがよく、また、みずみずしさと歯応えが生きています。

他の品目を見る閉じる

お客様の声

50代 女性

美味しくいただきました

家族3人、お雑煮といっしょにいただいて、ちょうど良い量でした。どの商品も美味しくいただき、お肉系もいろいろ入っていたのが特に良かったです。また、来年も楽しみにしています。

40代 男性

やっぱり冷蔵おせち

昨年は他の冷凍おせちを購入してイマイチだったので、今年は冷蔵のおせちと決めていました。量も値段も味もちょうど良いです。

40代 男性

定番のおせち

我が家はもう何年も紀文さんのおせちばかりです。二段重でちょうど良いし、食べ慣れているから安心して購入しています。

60代 男性

美味しくてリーズナブル!

紀文のお重詰めは昨年に続く2回目の注文ですが、美味しくてリーズブルな商品でした。

50代 女性

大変満足

全て美味しかったです。大変満足しました。このおせちを選んで正解でした。また来年も購入したいです。

お届け状態について

ひとつひとつ彩りよく盛りつけ「冷蔵」でお届けするおせちです。届いてすぐに食べられます。

紀文のおせちはていねいに調理と盛り付けを行い、そのまま食卓に出してお召しあがりいただける状態でお届けします。
お重箱と保冷剤を保冷バッグに入れてお届けします。保冷バッグは行楽などで繰り返しご利用いただけます。

消費期限2021年1月1日(金)
要冷蔵10°C以下

一度開封されたあと、すぐ召しあがらない場合は、一段ずつラップをかけて冷蔵庫で10°C以下で保存し、できるだけ早くお召しあがりください。また残ったお料理の量が少ない場合には、別の容器にお料理ごとに移して保存されることをおすすめいたします。